環境サービス

熱帯林は淡水の供給などの重要な環境サービスを提供している。 ITTOは加盟国と共に、熱帯林の環境サービスの重要性と価値に対する認識を向上させる活動を実施している。写真提供: W. Cluny

環境サービス(生態系サービスとも呼ばれる)は、人々が生態系システムから得られる利益を指しています。熱帯林が提供する環境サービスとは次のような様々な機能を果たします。異常気象やその影響となるものの緩和、種子の散布、干ばつや洪水の軽減、栄養分の循環と移動、炭素貯蔵、河川の水路や沿岸の浸食からの保護、廃棄物の解毒と分解、農業病害虫の駆除、生物多様性の維持、土壌の生成と保全、肥沃度の回復、気候の安定への貢献、空気と水の浄化、そして作物や自然の植生の受粉などです。

 
熱帯林は、炭素の隔離、生物多様性の保全、流域の保護、そして地域の気候調節にとって特に重要です
 
森林はこうしたことの多くを「無償」で行うために、適切に評価されることはほとんどありません。都市居住者、巨大産業や先進国などの熱帯林環境サービスからかなりの恩恵を受ける多くの人々は、こうしたことへの支払いはほとんどしません。これは、熱帯林が農業、牧場、都市開発などの代替的な土地利用と比較して過小評価されていることが多く、それが森林劣化や森林伐採につながることを意味します。
 
生態系サービスへの支払い(PES)は、熱帯林の所有者と管理者に収入を提供し、持続可能な森林経営(SFM)の経済的競争力を高めることによって、以下のことに貢献します。
 
  • 農村の貧困緩和
  • 熱帯林伐採の減少
  • 劣化林地帯の修復の促進
  • SFMの実施の拡大
基本原則は、森林劣化と森林減少を軽減し、復元することと、森林所有者と管理者に良好な森林管理のために報酬を与えることを目的として、経済勘定に含まれていない環境のもたらす便益と費用が内部化されるようにすることです。
 
環境サービスに対するすべての支払いは金銭的なものとは限りません。例えば、環境サービス提供者の中には土地保有の安全保障が向上したことで、または食料安全保障の強化に対する支援など現物支給として、かなりの利益を得ることができるでしょう。

熱帯地方では、PESプログラムの成功例は多数あり、拡大していくための行動が必要です。ITTOは、熱帯林環境サービスの重要性と価値に対する認識を高め、熱帯地方を通じたPESの拡大を目指して加盟国と協力しています。ITTOはSFMのために森林所有者に報酬を与える大きな可能性を持つPESの一種であるREDD+についても、多くの活動を展開しています。
 

Related links