持続可能な森林産業

メキシコ、オアハカ州のイクストラン(Ixtlan)地域のコミュニティー所有の木材産業で木材生産を行う様子。ITTOは熱帯地方における木材および非木材林産物の付加価値向上と製品加工を支援している。写真提供: T. Yanuariadi/ITTO

持続可能な熱帯林産業には、地域経済と持続可能な開発に変革をもたらす可能性があります。具体的には、地元の加工業、外貨獲得、雇用、技術移転、研修と技能開発への投資、そして政府への税金とロイヤルティーの支払いなどを通じて、森林を利用することで価値を創出することができるようになります。熱帯諸国の多くの森林企業はまた、特に遠隔地において、医療、教育、インフラ整備などの政府が提供できない社会的機能も果たしています。
 
持続可能な熱帯林産業は、森林劣化、森林破壊、そして貧困の解決に欠かせません。 しかしながら、多くの熱帯諸国の中小森林企業(SMEs)にはそれらの問題に対処したり、事業展開の上で必要となる環境を整備する能力が不足しています。そして、具体的には次のような課題に直面しています。

  • 不適切な計画と運営管理
  • 資金へのアクセスの欠如
  • 低収益
  • マーケティングスキルの欠如
  • 研究開発の欠如
  • 資源(リソース)の所有権または管理権の欠如
 
ITTOはこうした課題をはじめとする様々な問題に対する解決策を提供し、国と企業が林産物の加工とマーケティングの効率を改善し、森林法の施行、ガバナンス、貿易に対する取り組み、森林認証とグリーンサプライチェーンの採用、そしてプランテーションの設立と管理ができるよう支援しています。

Related links