ITTO加盟国になるには

写真撮影:R. Carrillo/ITTO

 ITTO加盟手続き

国際熱帯木材機関(International Tropical Timber Organization:ITTO)は1983年国際熱帯木材協定(International Tropical Timber Agreemen:ITTA、1983)に基づき、ITTAの規定の運営およびその実施の監理を目的として1986年に設立されました。1983年ITTAは1994年ITTAを引き継ぎ、さらにこれを2006年ITTAが継承しました。2006年ITTAは同協定第39条第1項(Article 39 (1))に従い2011年12月7日に発効しました。2006年ITTAの認証謄本は国際貿易開発会議(United Nations Conference on Trade and Development:UNCTAD)のウェブサイト www.unctad.org/en/docs/tdtimber3d12_en.pdf にて閲覧できます(英語)。

手順
政府は、外務省またはアメリカ合衆国ニューヨークに所在する国連代表部を通じ、2006年ITTAの被寄託者である国連事務総長(アメリカ合衆国ニューヨークにある国連法務部条約課(Treaty Section, Office of Legal Affairs)を通じて)に次の手順で連絡を取ることができます:
 
  1. 1994年ITTA下でITTO加盟国であったが2006年ITTAに同協定第36条第1項で規定された期限内に署名しなかった国およびITTA1994年下でITTO加盟国でなかった国は、2006年ITTA第37条に従い国連事務総長に加入書(instrument of accession)を寄託することで同協定に加入することができます。国際熱帯木材理事会(International Tropical Timber Council)の決議7(Decision 7(XVLIII))「2006年国際熱帯木材協定への加入の条件設定(“Establishment of Conditions for Accession to the International Tropical Timber Agreement, 2006”)」にて詳しく説明されています(下記「ドキュメントのダウンロード」にあるリンクをご参照下さい)。
  2. 2006年ITTAに同協定第36条第1項で規定された期限内に署名した国は、批准(Ratification)、受諾(Acceptance)または承認(Approval)の文書を被寄託者に寄託することができます。
上記 (i)または (ii) の手続きが完了次第、国連事務総長(国連法務部条約課(Treaty Section, Office of Legal Affairs)を通じて)は寄託された文書の日付を記載した寄託通知(Depositary Notification)を発行します。
 
その他
2006年ITTAの現状はこちらまたはhttp://treaties.un.orgにアクセスし次の手順で閲覧できます(英語およびフランス語):
  •  "Depositary(寄託)" を選択する
  •  “Status of treaties(条約の現状)" を選択する
  • Chapter XIX. “Commodities"(第19章「一次産品」)を選択する
  • Item 46 – “International Tropical Timber Agreement, 2006”(第46号「2006年国際熱帯木材協定」)を選択する

関連リンク

ドキュメントのダウンロード: