コミュニティー林業

ITTOの支援を受けたペルー政府のMYPErú購入プログラムを通じて、学校用の備品である椅子を届けるイパリア先住民コミュニティーの代表。 ITTOプロジェクトによって雇用創出と生活改善をしつつ、地域コミュニティーが持続可能な森林経営を実施できるようになった。写真提供: M. Espinoza

地域社会とともに、または地域社会による森林経営は、森林資源の持続可能性を追求しながら社会的公平性に取り組むための重要なメカニズムです。 コミュニティー林業とは、共同森林経営と小規模林業を合わせた総称を指しています。共同形態では、林業はある種の共同所有権を持つ土地で実践され、集団的行動が取られます。一方で小規模形態では、各人が個人的に土地を所有し、独立した形で、または何らかの形態の集団的活動を通じて、自分たちが所有する土地で実践する森林経営を意味します。

コミュニティー林業は、多くの森林地域で持続可能な森林経営を達成するためのおそらく唯一の効果的な方法であるものの、実施するのは容易なことではありません。おそらく最大の障害は、森林地に対する土地所有権が欠如していることです。長期的権利がなければ、持続可能な森林経営を達成するために必要な時間、労働力、その他の資源を投資することにはほとんど意味がありません。したがって、最も成功しているコミュニティー林業イニシアティブは地元の人々に有利な土地所有権改革がなされたところだということになります。

ITTOが実施する熱帯加盟国でのコミュニティー林業への支援により、多くのコミュニティーで森林の持続可能な経営、林産物の地域加工、そしてグリーンサプライチェーンへのより大きな関わりを通して、彼らの生活が改善されています。

Related links