創価大学でのシンポジウム「アフリカとSDGs」

2019/09/01

2019年9月に開催されたシンポジウム「アフリカとSDGs」に登壇したパネリスト 写真撮影:創価大学
ITTO事務局長のゲァハート・ディタレ博士は2019年9月1日、創価大学が横浜で開催したシンポジウム「アフリカとSDGs -価値創造で共にひらくアフリカの未来-」に登壇しました。このシンポジウムは8月28日から30日まで横浜で開催された第7回アフリカ開発会議(Tokyo International Conference on African Development:TICAD7)のポストイベントとして行われました。

ディタレ博士は新たな開発軌道の開拓における合法かつ持続可能なサプライチェーンの構築を通じたITTOの現場経験を共有しました。このシンポジウムでは、SDGsを中心としてアフリカの未来を創造するために若者にできる貢献について創価大学の学生が行ったグループディスカッションの結果についての発表も行われました。
シンポジウムでの学生によるパフォーマンス。写真撮影:創価大学