持続可能な開発目標

Main SDG introduction

2015年9月、国連サミットで各国の首脳は「持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030 Agenda for Sustainable Development)」及びそこに掲げられた17の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を採択しました。SDGsは全ての国に対して繁栄を促進しつつ地球を守る行動を起こすよう求めるもので、貧困削減と、経済成長を遂げ、社会のニーズに答え、気候変動に対処し、環境の持続可能性を達成する戦略とが相伴わなければならないと認識しています。

生産性のある熱帯地域の森林の持続可能な経営と持続可能な熱帯木材の貿易が将来の木材需要を充足しSDGsの達成にも資することが次第に明らかになっています。ITTOは、合法かつ持続可能な森林で収穫された熱帯木材の国際貿易の一層の拡大に寄与します。SDGsの全目標、特に目標1(貧困をなくそう)、目標12(つくる責任 つかう責任)、目標13(気候変動に具体的な対策を)及び目標15(陸の豊かさも守ろう)に向けた各国の取組を支援するのにふさわしいと言えます。ITTOは次のような取組を行っています:

次のSDGsからご希望の目標(複数可)を選択するとSDGs達成に向けたITTOの貢献をご覧になれます:


 
下へスクロールして検索結果をご覧下さい
写真撮影:D. Akoto/ITTOフェロー
ジェンダー平等と女性のエンパワーメントに関するITTO政策ガイドライン(Guidelines on Gender Equality and the Empowerment of Women)」の採択によって、ITTOは女性と男性の両方が果たす重要な役割の認識において一歩前進しました。

本ガイドラインは3つの目標を掲げています:
 
  • ITTOの政策やプロジェクト事業におけるジェンダーへの配慮の統合・主流化を拡大すること
  • ITTO及び加盟国に対してキャパシティビルディングを行い、熱帯森林セクターにおけるジェンダー平等と女性のエンパワーメントを推進すること
  • ITTOのガバナンスと事務局において女性の役割を強化すること
     
本ガイドラインは、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントに対するITTOの意思を制度的に推し進め、ITTOの政策、計画、プログラム、プロジェクト、活動及び職員配置におけるジェンダー平等を内部化する枠組となるものです。

ITTOの活動は、男性と女性がその文化の範囲で相互認識・支援の下に共に働き生きることでしか、社会やコミュニティが備え持つ可能性が発揮されることはないと認識しています。

選択した持続可能な開発目標(SDGs)に関連するITTOの貢献
(13 件見つかりました)

Thumbnail

フィジーのマングローブの再生に関する新しいガイドラインと動画を発表

貧困をなくそう ジェンダー平等を実現しよう 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
フィジーの最も重要な海洋生態系であるレワデルタのマングローブと湿地の再生に関して、地域コミュニティと政府を支援してきたITTOプロジェクトは本日、その集大成と言えるフィジーのマングローブと湿地の再生に関するガイドラインと3本のビデオを公開しました。 詳細
Thumbnail

報告書:天然資源を保護するためには、森林教育の充実が必要

質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
教育は、森林を含む天然資源を保護するために不可欠です。これは、国連食糧農業機関(FAO)、国際森林研究機関連合(IUFRO)、ITTOが第26回FAO林業委員会で発表した新しい包括的な共同報告書「森林教育に関するグローバル・アセスメント」(英語)の主要メッセージの一つです。 詳細
Thumbnail

アフリカでのITTOプロジェクトの評価に関する新しいポリシーブリーフを発表

貧困をなくそう 飢餓をゼロに 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレをみんなに 働きがいも経済成長も つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
ITTOが今週発表したポリシーブリーフで、西・中部アフリカにおける10件のITTOプロジェクトは、「実施国の森林、森林経営、地域コミュニティに重要かつポジティブな影響を与えた」と評価されました。 詳細
Thumbnail

国際青少年デーへの祝福と熱帯林の未来のための活動

質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
今年の国際青少年デーのテーマは「世代間の連帯:すべての世代のための世界をつくろう」であり、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するために、すべての世代の潜在的な力を活用することの重要性を強調しています。ITTOはフェローシップ・プログラムなど、さまざまな方法で若者たちに投資しています。 詳細
Thumbnail

世界の先住民の国際デーを祝して―熱帯林の管理者たち

貧困をなくそう ジェンダー平等を実現しよう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
ITTOは森林の土地と資源に関する地域コミュニティと先住民族の所有権、支配権、慣習上の権利と役割を完全に認め、支援することを改めて表明します。 詳細
Thumbnail

女性の平等な地位が熱帯地域における持続可能な林業の実現への鍵

ジェンダー平等を実現しよう
伝統知識の管理人として、多様な林産物を収集し利用する者として、また林業の専門家として、さらにその他多くの役割の担い手として、林業では女性が常に重要な存在であり続けてきました。女性の役割を認識し充実を図ることは、持続可能な林業を実現し森林での暮らしを向上させるために極めて重要です。 詳細
Thumbnail

トーゴの女性が森林再生活動の先頭に ITTOと創価学会の支援で

貧困をなくそう 飢餓をゼロに ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
創価学会の資金協力でITTOが西アフリカ・トーゴの2県を対象に実施している森林景観再生プロジェクトを通じてアグロフォレストリーの実践方法が改善し、女性の生き方も変わりつつあります(聖教新聞の記事より)。 詳細
Thumbnail

コンゴ川流域の森林教育を発展させる

質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 産業と技術革新の基盤をつくろう
林業の専門知識を習得し持続可能な森林開発の様々なニーズを満たすことは次第に複雑な業務となっています。ITTOがコンゴ川流域を対象として実施した調査では、この地域の持続可能な森林開発の実現に必要な人材が不足していると結論づけられました。5カ国に所在する7つの育成機関に対して実施したコンゴ川流域準地域プロジェクトはこの課題に取組み、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)ゴール4(質の高い教育をみんなに)に寄与しました。 詳細
Thumbnail

インドネシアの竹産業を発展させる

貧困をなくそう ジェンダー平等を実現しよう 産業と技術革新の基盤をつくろう 住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任 陸の豊かさも守ろう
インドネシアの森林経営にパラダイム・シフトが起こっています。森林セクターでは木材が主要な産物ではなくなり、森林コミュニティ、地域、そして国の経済を発展させる手段として次第に非木材林産物の生産が注目されています。 詳細
Thumbnail

エクアドルの生計手段、森林再生と力を与えらた女性たち

貧困をなくそう ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に 陸の豊かさも守ろう
ITTOの資金協力を得てセンダス基金(SENDAS Foundation)がエクアドルで実施している「チンボ川流域における持続可能な森林管理(Sustainable Forest Management in the Chimbo River Basin)」プロジェクトは、地元の女性たちによる2面の森林苗床の整備及びチンボ川流域の再植林の一助となる生産・販売促進活動・啓発活動計画の策定を実現させました。 詳細
Thumbnail

メキシコの女性たちが薬用植物についての知識を共有

すべての人に健康と福祉を ジェンダー平等を実現しよう
メキシコ・ベラクルス(Veracruz)州ハマパ(Jamapa)の女性たちが非木材産品(non-timber forest products:NTFPs)に関する伝統的知識の普及を目的とした薬用植物についてのマニュアルを発表しました。本マニュアルは、メキシコの海岸林がもたらす生態系サービスの価値評価を実施するITTOプロジェクトの成果物です。 詳細
Thumbnail

コートジボワールの森林再生、持続可能な木炭、力を与えられた女性たち

貧困をなくそう 飢餓をゼロに ジェンダー平等を実現しよう エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
2009年に供与されたITTOの小規模資金協力は、コートジボワールの女性組合であるMALEBIにとって効率的で環境に優しい技術を用いた木炭の生産の改善の機会となりました。これは、地域住民の生活水準を向上させ森林保全の重要性について認識を高めるプロセスの中で起きたことです。 詳細
Thumbnail

極小企業がの極大影響をもたらすとき

貧困をなくそう 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任
中小零細企業(micro, small and medium-sized forest enterprises:MSMEs)は多くの国々で最大の雇用主であり、国の経済にとって不可欠です。グアテマラでは政府がMSMEs支援を優先課題と位置付けています。この一環として「森林分野のMSME経営プロジェクト(Forest MSME Management Project )」として知られるITTOのプロジェクトで非認可企業のグアテマラ経済への正式加入が促進されました。 詳細