持続可能な開発目標

Main SDG introduction

2015年9月、国連サミットで各国の首脳は「持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030 Agenda for Sustainable Development)」及びそこに掲げられた17の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を採択しました。SDGsは全ての国に対して繁栄を促進しつつ地球を守る行動を起こすよう求めるもので、貧困削減と、経済成長を遂げ、社会のニーズに答え、気候変動に対処し、環境の持続可能性を達成する戦略とが相伴わなければならないと認識しています。

生産性のある熱帯地域の森林の持続可能な経営と持続可能な熱帯木材の貿易が将来の木材需要を充足しSDGsの達成にも資することが次第に明らかになっています。ITTOは、合法かつ持続可能な森林で収穫された熱帯木材の国際貿易の一層の拡大に寄与します。SDGsの全目標、特に目標1(貧困をなくそう)、目標12(つくる責任 つかう責任)、目標13(気候変動に具体的な対策を)及び目標15(陸の豊かさも守ろう)に向けた各国の取組を支援するのにふさわしいと言えます。ITTOは次のような取組を行っています:

次のSDGsからご希望の目標(複数可)を選択するとSDGs達成に向けたITTOの貢献をご覧になれます:


 
下へスクロールして検索結果をご覧下さい
写真撮影:G. Sanchez-Vigil
森林は多数の持続可能な開発目標(SDGs)を達成するために不可欠です。生態系サービスに富み、生計手段、食料及びエネルギーをもたらし、炭素を貯留し、陸域の多様な生物の80パーセントの住処となっています。この貴重な資源を森林が持続可能な方法で管理できるよう、現在そして将来の世代は、森林及び森林がもたらす恩恵について学び、これを理解する必要があります。

ITTOは次のような活動を行っています:
  • ITTOフェローシップ・プログラム(Fellowship Programme)を通じて、熱帯林の経営・利用の改善のため、熱帯林業分野での人的資源の能力開発や専門知識の強化
  • 季刊誌「熱帯林ニュースレター(Tropical Forest Update:TFU)」を発行し、熱帯林の保全・持続可能な利用を促進
  • 事務局を置く日本において、講義を通じてあらゆるレベルにおける熱帯林の価値について啓発を行い、森林とのつながりを構築。ITTOの資金協力で熱帯地域で実施されているプロジェクトの多くも啓発キャンペーンを実施しています
  • 森林教育関連のイベントを支援
現在、ITTOは森林に関する協調パートナーシップ(Collaborative Partnership on Forests)のメンバー機関と協力し、世界森林教育プラットフォームの設立を通じて全てのレベルにおける森林教育の振興に努めています。

選択した持続可能な開発目標(SDGs)に関連するITTOの貢献
(9 件見つかりました)

Thumbnail

国際青少年デーへの祝福と熱帯林の未来のための活動

質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
今年の国際青少年デーのテーマは「世代間の連帯:すべての世代のための世界をつくろう」であり、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するために、すべての世代の潜在的な力を活用することの重要性を強調しています。ITTOはフェローシップ・プログラムなど、さまざまな方法で若者たちに投資しています。 詳細
Thumbnail

コンゴ盆地における合法的かつ持続可能な木材サプライチェーンに関する新たなトレーニングモジュール

質の高い教育をみんなに つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
ITTOはコンゴ盆地における合法的で持続可能な熱帯木材のサプライチェーンに関する4つのトレーニングモジュールを公開しました。サブリージョンで生産される熱帯木材への市場アクセスを拡大し、森林セクターによる持続可能な開発、気候変動緩和、その他の地域目標への貢献度を高めることを目標にしています。 詳細
Thumbnail

国際熱帯デーを記念して―熱帯林の重要性

貧困をなくそう 質の高い教育をみんなに 働きがいも経済成長も つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
熱帯地域には、最も大きく複雑な生物学的・文化的多様性を持ち、巨大な炭素貯蔵庫として機能する素晴らしい森林があります。国際熱帯デーを記念して、アマゾン、コンゴ盆地、東南アジアの3つの重要かつ広大な熱帯林の生態系に関するITTOの活動の一部を紹介します。 詳細
Thumbnail

ITTOと国際森林研究機関連合(IUFRO)が森林景観再生の振興を目的に学習モジュールを発表

質の高い教育をみんなに 住み続けられるまちづくりを 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
ITTOと国際森林研究機関連合(International Union of Forest Research Organizations:IUFRO)は、森林景観再生(forest landscape restoration:FLR)に関する理解を一層深めるため、高校生や大学生向け無償学習モジュールを発表しました。 詳細
Thumbnail

調査:世界の課題解決には森林教育の強化が必要

質の高い教育をみんなに 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
多くの国々では小学校から大学に至る全教育レベルで森林教育が不十分 – 国連食糧農業機関(FAO)、ITTO、国際森林研究機関連合(IUFRO)が他の国際機関や地域機関の支援で実施した地球規模調査でこれが明らかになりました。 詳細
Thumbnail

ITTOが合法かつ持続可能な木材サプライチェーンに関するオンライン学習講座を開講

質の高い教育をみんなに 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 陸の豊かさも守ろう
森林教育の拡充を目指す国際的な取組の一環としてITTOが開講する無料オンライン学習講座は、起業家、林業従事者、政府機関職員、学生が合法かつ持続可能な木材サプライチェーンを理解するための一助となり、企業が合法性と持続可能性に関する市場の必要条件を満たし森林経営方法を改善するのを支援するものです。 詳細
Thumbnail

国際森林教育会議が始まる

質の高い教育をみんなに 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
2021年6月に3日間の日程で開催される国際森林教育会議(International Conference on Forest Education)では、森林や樹木が持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)の達成に十分に寄与し、人 – 自然 – 森林の間に広がる隔たりを縮めるために森林教育が果たす重要な役割が話し合われます。 詳細
Thumbnail

コンゴ川流域の森林教育を発展させる

質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 産業と技術革新の基盤をつくろう
林業の専門知識を習得し持続可能な森林開発の様々なニーズを満たすことは次第に複雑な業務となっています。ITTOがコンゴ川流域を対象として実施した調査では、この地域の持続可能な森林開発の実現に必要な人材が不足していると結論づけられました。5カ国に所在する7つの育成機関に対して実施したコンゴ川流域準地域プロジェクトはこの課題に取組み、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)ゴール4(質の高い教育をみんなに)に寄与しました。 詳細
Thumbnail

極小企業がの極大影響をもたらすとき

貧困をなくそう 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任
中小零細企業(micro, small and medium-sized forest enterprises:MSMEs)は多くの国々で最大の雇用主であり、国の経済にとって不可欠です。グアテマラでは政府がMSMEs支援を優先課題と位置付けています。この一環として「森林分野のMSME経営プロジェクト(Forest MSME Management Project )」として知られるITTOのプロジェクトで非認可企業のグアテマラ経済への正式加入が促進されました。 詳細