持続可能な開発目標

Main SDG introduction

2015年9月、国連サミットで各国の首脳は「持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030 Agenda for Sustainable Development)」及びそこに掲げられた17の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を採択しました。SDGsは全ての国に対して繁栄を促進しつつ地球を守る行動を起こすよう求めるもので、貧困削減と、経済成長を遂げ、社会のニーズに答え、気候変動に対処し、環境の持続可能性を達成する戦略とが相伴わなければならないと認識しています。

生産性のある熱帯地域の森林の持続可能な経営と持続可能な熱帯木材の貿易が将来の木材需要を充足しSDGsの達成にも資することが次第に明らかになっています。ITTOは、合法かつ持続可能な森林で収穫された熱帯木材の国際貿易の一層の拡大に寄与します。SDGsの全目標、特に目標1(貧困をなくそう)、目標12(つくる責任 つかう責任)、目標13(気候変動に具体的な対策を)及び目標15(陸の豊かさも守ろう)に向けた各国の取組を支援するのにふさわしいと言えます。ITTOは次のような取組を行っています:

次のSDGsからご希望の目標(複数可)を選択するとSDGs達成に向けたITTOの貢献をご覧になれます:


 
下へスクロールして検索結果をご覧下さい
写真撮影:FLEGT独立市場監視(IMM)

持続可能な木材製品の消費が伸びると、経済面、社会面、環境面で多大な恩恵が期待されます。ITTOは次にかかる協力の実施により責任ある消費と生産に取り組んでいます:

選択した持続可能な開発目標(SDGs)に関連するITTOの貢献
(10 件見つかりました)

Thumbnail

最新報告書:インドにおける木材需要は2030年までに急増の見通し

働きがいも経済成長も つくる責任つかう責任 陸の豊かさも守ろう
2030年までのインド木材市場動向を分析したITTOの報告書によると、2030年までに同国の木材消費量は大幅に増加し、現在すでに需要に追いついていない木材生産量との開きはさらに拡大し、同国の木材輸入依存が進むことが予測されます。 詳細
Thumbnail

ITTOのFLEGT独立市場監視(IMM)ウェブサイトがリニューアル

つくる責任つかう責任
ITTOのFLEGT独立市場監視(Independent Market Monitor:IMM)のウェブサイトがリニューアルしました。外観を一新し、利用者が使い易く、EUの森林法施行・ガバナンス・貿易(FLEGT)やEUと木材供給国が結ぶ自主的パートナーシップ協定(VPA)に関連する貿易データや市場情報の入手も容易になりました。 詳細
Thumbnail

森林に関する協調パートナーシップ:持続可能な木材で、危機を脱しグリーン経済へ進む道筋が見えてくる

つくる責任つかう責任
森林に関する協調パートナーシップ(CPF)が持続可能な開発のための国連ハイレベル政策フォーラム(HLPF)で開催したオンラインイベントでは、新型コロナウイルス感染症の拡大が森林減少の抑止及び木材や森林製品の持続可能な生産と消費の増大の機会となるとの見解が示されました。 詳細
Thumbnail

熱帯木材の最新歩留まりで透明性の高い貿易へ

つくる責任つかう責任
ITTOは、熱帯丸太及び製材品の「歩留まり(ある計量単位から別の計量単位への換算に使われる率)」を算出した報告書を発表しました。本書は第一次熱帯木材製品の報告貿易量の正確さの向上、ひいては熱帯木材製品貿易の透明性の向上に資するものです。 詳細
Thumbnail

ITTOが合法かつ持続可能な木材サプライチェーンに関するオンライン学習講座を開講

質の高い教育をみんなに 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 陸の豊かさも守ろう
森林教育の拡充を目指す国際的な取組の一環としてITTOが開講する無料オンライン学習講座は、起業家、林業従事者、政府機関職員、学生が合法かつ持続可能な木材サプライチェーンを理解するための一助となり、企業が合法性と持続可能性に関する市場の必要条件を満たし森林経営方法を改善するのを支援するものです。 詳細
Thumbnail

最新研究:非木材林産物が持続可能な林業の採算可能性を高め得る

飢餓をゼロに つくる責任つかう責任 陸の豊かさも守ろう
ITTOと貴重な森林財団(Precious Forests Foundation)が本日公表した報告書によると、自然の熱帯木材生産林にナッツ、フルーツ、ゴム、ラタンのような非木材林産物を組み合わせた経営が採算が取れる森林経営への大きな一歩となり得るとのことです。 詳細
Thumbnail

インドネシアの竹産業を発展させる

貧困をなくそう ジェンダー平等を実現しよう 産業と技術革新の基盤をつくろう 住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任 陸の豊かさも守ろう
インドネシアの森林経営にパラダイム・シフトが起こっています。森林セクターでは木材が主要な産物ではなくなり、森林コミュニティ、地域、そして国の経済を発展させる手段として次第に非木材林産物の生産が注目されています。 詳細
Thumbnail

合法かつ持続可能なサプライチェーンの推進

貧困をなくそう 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
サプライチェーンは、商品やサービスの計画、調達、加工、製造、納入に関わるビジネスプロセスのすべての段階に関連する組織、活動及び手法から構成されています。合法かつ持続可能なサプライチェーンは、環境や社会への悪影響を最小限に抑えるものを指します。 詳細
Thumbnail

コートジボワールの森林再生、持続可能な木炭、力を与えられた女性たち

貧困をなくそう 飢餓をゼロに ジェンダー平等を実現しよう エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
2009年に供与されたITTOの小規模資金協力は、コートジボワールの女性組合であるMALEBIにとって効率的で環境に優しい技術を用いた木炭の生産の改善の機会となりました。これは、地域住民の生活水準を向上させ森林保全の重要性について認識を高めるプロセスの中で起きたことです。 詳細
Thumbnail

極小企業がの極大影響をもたらすとき

貧困をなくそう 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任
中小零細企業(micro, small and medium-sized forest enterprises:MSMEs)は多くの国々で最大の雇用主であり、国の経済にとって不可欠です。グアテマラでは政府がMSMEs支援を優先課題と位置付けています。この一環として「森林分野のMSME経営プロジェクト(Forest MSME Management Project )」として知られるITTOのプロジェクトで非認可企業のグアテマラ経済への正式加入が促進されました。 詳細