TFU:熱帯林ニュースレター

コンゴ川流域の森林教育を発展させる

林業の専門知識は単に(森林)公園に足を踏み入れるだけで習得できるものではありませんが、持続可能な森林開発の様々なニーズを満たすことは次第に複雑な業務となっています。今日、森林従事者は森林生態学、測樹、計画立案、経済学のような従来の分野に加えて統合型ランドスケープアプローチ、参加型森林経営、新規の技術、気候変動といった分野にも精通していなくてはなりません。

ITTOが10年以上前にコンゴ川流域の5カ国を対象として実施した調査では、当該準地域の持続可能な森林開発の実現に必要な有資格者が不足していると結論づけられました。本調査以降、ITTOはこの課題に取組むため数プロジェクトを実施しました。その最後となるのが2012年から2019年に5カ国に所在する主要7つの育成機関に対して実施したコンゴ川流域準地域プロジェクトです。このプロジェクトは持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)の7目標、特に目標4(質の高い教育をみんなに)に寄与しました。今回のTFU最新号ではその成果をいくつか紹介しています。

コンテンツ

完全版

熱帯林ニュースレター(TFU)は英語、フランス語、スペイン語で入手可能です。フランス語とスペイン語版は通常、英語版のおよそ一ヶ月後に掲載されます。

アプリでもご覧頂けます 'Get 'Get

当サイトに掲載されたコンテンツはITTOやそのメンバーの見識や方針を反映したものとは限りません。ITTOは別に明示されている場合を除き、写真の著作権を有します。記事はITTO熱帯林ニュースレター(TFU)の著作権が明示され、編集者に事前に連絡があった場合に限り、無償で利用できます。(tfu@itto.int).