TFU:熱帯林ニュースレター

SFMの架け橋に

越境保全地域(TBCAs)は一か所以上の国境を超えて生態学的につながる地理的地域と定義でき、その管理には様々な協力体系が求められます。ITTOは長年に渡り、この越境保全地域の支援を続けています。一例として、プロジェクトを通じて2か国以上の国境をまたぐ約1000万ヘクタールの森林地域の創出と管理を支援してきました。今回のTFU最新号では、マレーシアとインドネシア間、グアテマラとメキシコ間の「架け橋」によってTBCAsの管理が改善したプロジェクトを検証しています。また、持続可能な森林経営(SFM)と越境保全との関わり方についてのITTOのサポートについても取り上げています。さらに、本書では昨年11月に横浜で開催された国際熱帯木材理事会について報告しています。

コンテンツ

完全版

熱帯林ニュースレター(TFU)は英語、フランス語、スペイン語で入手可能です。フランス語とスペイン語版は通常、英語版のおよそ一ヶ月後に掲載されます。

ダウンロード
アプリでもご覧頂けます 'Get 'Get
最新版

31 No. 1

ITTOの新たな5年間

持続可能な熱帯林の利用は、熱帯木材の生産や貿易などを通じて、人々が十分な生活を営むことを可能にする一方で、地球の環境バ...

30巻 3/4号

ITTC、新ITTO事務局長を任命

熱帯林ニュースレター(Tropical Forest Update:TFU)最新号(30巻3号)では、第57回国際熱帯木材理事会...

30 No. 2

カネノナルキを探して

持続可能な林業は、農業と同じ土地で営まれていても、森林所有者や森林経営者が農業同様の対価を期待することはほとんどできま...

30 No. 1

生物多様性への険しい道のり

生物多様性が深刻な脅威に晒されています。生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(Intergo...

詳細

当サイトに掲載されたコンテンツはITTOやそのメンバーの見識や方針を反映したものとは限りません。ITTOは別に明示されている場合を除き、写真の著作権を有します。記事はITTO熱帯林ニュースレター(TFU)の著作権が明示され、編集者に事前に連絡があった場合に限り、無償で利用できます。(tfu@itto.int).