TFU:熱帯林ニュースレター

SFMの架け橋に

越境保全地域(TBCAs)は一か所以上の国境を超えて生態学的につながる地理的地域と定義でき、その管理には様々な協力体系が求められます。ITTOは長年に渡り、この越境保全地域の支援を続けています。一例として、プロジェクトを通じて2か国以上の国境をまたぐ約1000万ヘクタールの森林地域の創出と管理を支援してきました。今回のTFU最新号では、マレーシアとインドネシア間、グアテマラとメキシコ間の「架け橋」によってTBCAsの管理が改善したプロジェクトを検証しています。また、持続可能な森林経営(SFM)と越境保全との関わり方についてのITTOのサポートについても取り上げています。さらに、本書では昨年11月に横浜で開催された国際熱帯木材理事会について報告しています。

コンテンツ

完全版

熱帯林ニュースレター(TFU)は英語、フランス語、スペイン語で入手可能です。フランス語とスペイン語版は通常、英語版のおよそ一ヶ月後に掲載されます。

ダウンロード
アプリでもご覧頂けます 'Get 'Get
最新版

30 No. 1

生物多様性への険しい道のり

生物多様性が深刻な脅威に晒されています。生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(Intergo...

29 No. 4

プラス面に目を向けて

2020年は少し悔いが残る形で終わろうとしています。私たちの多くにとって今年は異例とも言える困難な一年でした。熱帯林セ...

29 No. 3

負債から財産へ

近年、森林景観再生(forest landscape restoration:FLR)への関心が非常に高まっています。この理由と...

29 No. 2

住民と政府が力を合わせる時

30年以上に渡り、ITTOは住民、政府、民間企業の協働を実現させてきました。その方法は様々ですが、1,000件を超えるプロジ...

詳細

当サイトに掲載されたコンテンツはITTOやそのメンバーの見識や方針を反映したものとは限りません。ITTOは別に明示されている場合を除き、写真の著作権を有します。記事はITTO熱帯林ニュースレター(TFU)の著作権が明示され、編集者に事前に連絡があった場合に限り、無償で利用できます。(tfu@itto.int).