持続可能な開発目標

Main SDG introduction

2015年9月、国連サミットで各国の首脳は「持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030 Agenda for Sustainable Development)」及びそこに掲げられた17の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を採択しました。SDGsは全ての国に対して繁栄を促進しつつ地球を守る行動を起こすよう求めるもので、貧困削減と、経済成長を遂げ、社会のニーズに答え、気候変動に対処し、環境の持続可能性を達成する戦略とが相伴わなければならないと認識しています。

生産性のある熱帯地域の森林の持続可能な経営と持続可能な熱帯木材の貿易が将来の木材需要を充足しSDGsの達成にも資することが次第に明らかになっています。ITTOは、合法かつ持続可能な森林で収穫された熱帯木材の国際貿易の一層の拡大に寄与します。SDGsの全目標、特に目標1(貧困をなくそう)、目標12(つくる責任 つかう責任)、目標13(気候変動に具体的な対策を)及び目標15(陸の豊かさも守ろう)に向けた各国の取組を支援するのにふさわしいと言えます。ITTOは次のような取組を行っています:

次のSDGsからご希望の目標(複数可)を選択するとSDGs達成に向けたITTOの貢献をご覧になれます:


 
下へスクロールして検索結果をご覧下さい
写真撮影:R. Carrillo/ITTO
世界最大のバイオエネルギー源である木材は、低炭素エネルギーに対する重要の高まりに答える一助となり得ます。従って、森林は、持続可能なエネルギー供給の実現を支えつつ社会面、経済面、環境面にも恩恵をもたらし、温室効果ガスの実質排出量を増やすことなく将来のバイオエルギーの需要を満たすために欠かせない役割を果たし得るのです。
 
多くの熱帯諸国が抱える課題は、特に家庭でバイオマスエネルギーに依存度が高い農村地域の住民や脆弱なグループのエネルギー安全保障の確保です。ITTOのプロジェクトでは次のような活動を行っています:
  • 経済的に実行可能な劣化景観の再生及び木材・木質エネルギーの持続可能な生産の促進
  • 天然林・人工林の周辺にアグロフォレストリー体制を導入し、直接消費及び換金のための食料、繊維及びバイオエネルギーの生産を促進
  • 森林産業において熱電供給エネルギーへの木材残渣の利用を推進

選択した持続可能な開発目標(SDGs)に関連するITTOの貢献
(3 件見つかりました)

Thumbnail

ITTOとTeaknet主催のサイドイベント、チークの価値向上のための課題と機会を検討

エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
2023年6月4日から8日まで、オーストラリアのケアンズで国際森林研究機関連合(IUFRO)森林製品会議が開催。同会議の会期中に、ITTOと国際チーク情報ネットワーク(Teaknet)が共同で開催したサイドイベントでは、チーク材の製品価値を高めるための手段が検討されました。 詳細
Thumbnail

劣化したインドネシアの人工林地をバイオ燃料のために再生

エネルギーをみんなに そしてクリーンに 陸の豊かさも守ろう
インドネシアは森林を活用して環境負荷の少ない再生可能エネルギーの供給量を増加させようと努力しています。例えば、地域住民が育てたバイオマスを北スマトラ州の劣化した土地に使用し、環境負荷の少ないエネルギー部門の振興を支援する計画を立てています。これは、当該地の森林の質を改善するとともに、地元の人々に新たな雇用の機会をもたらすことにもつながります。 詳細
Thumbnail

コートジボワールの森林再生、持続可能な木炭、力を与えられた女性たち

貧困をなくそう 飢餓をゼロに ジェンダー平等を実現しよう エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
2009年に供与されたITTOの小規模資金協力は、コートジボワールの女性組合であるMALEBIにとって効率的で環境に優しい技術を用いた木炭の生産の改善の機会となりました。これは、地域住民の生活水準を向上させ森林保全の重要性について認識を高めるプロセスの中で起きたことです。 詳細