持続可能な開発目標

Main SDG introduction

2015年9月、国連サミットで各国の首脳は「持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030 Agenda for Sustainable Development)」及びそこに掲げられた17の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を採択しました。SDGsは全ての国に対して繁栄を促進しつつ地球を守る行動を起こすよう求めるもので、貧困削減と、経済成長を遂げ、社会のニーズに答え、気候変動に対処し、環境の持続可能性を達成する戦略とが相伴わなければならないと認識しています。

生産性のある熱帯地域の森林の持続可能な経営と持続可能な熱帯木材の貿易が将来の木材需要を充足しSDGsの達成にも資することが次第に明らかになっています。ITTOは、合法かつ持続可能な森林で収穫された熱帯木材の国際貿易の一層の拡大に寄与します。SDGsの全目標、特に目標1(貧困をなくそう)、目標12(つくる責任 つかう責任)、目標13(気候変動に具体的な対策を)及び目標15(陸の豊かさも守ろう)に向けた各国の取組を支援するのにふさわしいと言えます。ITTOは次のような取組を行っています:

次のSDGsからご希望の目標(複数可)を選択するとSDGs達成に向けたITTOの貢献をご覧になれます:


 
下へスクロールして検索結果をご覧下さい
写真撮影:G. Sanchez-Vigil
持続可能な森林経営は、健康的な環境を促進し、都市部・農村部の人々の福利を実現します。

ITTOは政策策定やフィールド事業にて次のような活動を行っています:
  • 森林及び景観が再生され、人々に健康と福利をもたらす環境サービスを提供できるよう奨励
  • 地域の住民による森林での薬用植物栽培の実施を支援

選択した持続可能な開発目標(SDGs)に関連するITTOの貢献
(4 件見つかりました)

Thumbnail

ウェビナー報告:南アメリカでの森林景観再生の普及には一層のアウトリーチが必要

貧困をなくそう すべての人に健康と福祉を 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
ラテンアメリカ・カリブ海地域で景観再生を促進するには、アウトリーチそして収入の多角化とモニタリングに向けた戦略が極めて重要 - ITTOと熱帯農業研究高等教育センター(CATIE)が共同開催したウェビナーではこのような意見が出されました。 詳細
Thumbnail

アジア太平洋地域における効果的な森林景観再生(FLR)の重要点がワークショップで明らかに

貧困をなくそう すべての人に健康と福祉を 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
持続可能な生計を導く機会を創造し、包摂的なアプローチの基に地域住民の賛同を得ることが森林景観再生が成果をあげるために重要 - ITTOとアジア森林協力機構(Asian Forest Cooperation Organization:AFoCo)が共同開催したアジア太平洋地域向けオンラインワークショップではこのような意見が出されました。 詳細
Thumbnail

ウェビナー:中米・メキシコの森林景観再生の鍵は地域住民の暮らし

貧困をなくそう すべての人に健康と福祉を 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
森林景観再生(FLR)は多面的な取組で、それが成果をあげたと言えるのは地域住民の暮らしが向上した時です - ITTOと熱帯農業研究高等教育センター(CATIE)が2021年8月に共同開催した中米・メキシコ向けのウェビナーではこのような意見が述べられました。 詳細
Thumbnail

メキシコの女性たちが薬用植物についての知識を共有

すべての人に健康と福祉を ジェンダー平等を実現しよう
メキシコ・ベラクルス(Veracruz)州ハマパ(Jamapa)の女性たちが非木材産品(non-timber forest products:NTFPs)に関する伝統的知識の普及を目的とした薬用植物についてのマニュアルを発表しました。本マニュアルは、メキシコの海岸林がもたらす生態系サービスの価値評価を実施するITTOプロジェクトの成果物です。 詳細