TFU:熱帯林ニュースレター

SFMのための人材

過去四半世紀に渡るITTO加盟国で実施された持続可能な森林経営(SFM)の進展を評価するための分析・診断結果において、人間の能力が欠如することがSFMにとって重要な制約となると示されています。この人間能力という部分において、ITTOが最も効果的に貢献できるのがフェローシッププログラムです。このプログラムはITTOが始めた最も早く成功したイニシアチブであり、おそらくこのプログラムだけが熱帯林とその経営に特化した世界で唯一の支援プログラムです。
View editorial

コンテンツ

  • 本号は予算の制約の都合上、縮小版となっており、1万5000人の読者の皆さまへの配布も中止しました。(ウェブサイト上での閲覧は可能です。また、第47回ITTCセッションでは数に限りはありますが配布予定です。)さらに、このことより2011年のTFU発行スケジュールと回数にも影響がありました。今後、十分な資金提供が行われるか、またはITTOの国際熱帯木材協定2006が発効した時点でコアの活動予算に組み入れられることで、2012年には通常版の発行と回数に戻れるだろうと考えています。
     
  • フェローのその後

    By Chisato Aoki ITTOフェローシッププログラムの評価でこのプログラムが与える影響の大きさを認識。
     
  • 持続可能性が危ぶまれる

    By Constantino Aucca Chutas ITTOのフェローがペルーの雲霧林の利用と管理についての研修プログラムを開発
     
  • カンボジアの森林伐採

    By Dana Kao, Nobuya Mizoue and Shigejiro Yoshida
     ITTOフェローシッププログラムがカンボジアの伐採された森林の持続的生産量の推計に役立つ
  • 協力する

    By Jean Hude Moudingo Ekindi
    カメルーンのドゥアラ・エデア野生動物保護区でマングローブ生態系の再生に対する住民参加型取り組みが改善できる
  • PCIを推進する

    By Philomène Nkoulou
    ガボンの森林におけるSFMの原則、基準と指標(PCI)の実施を促進するための行動が求められる
  • 農業の限界

    By Rabindra Roy 非木材森林製品(NTFPs)へ重点を置くことでネパールのフムラ群北部の生活改善につながる
  • 孤立無援

    By Stephanie J Caswell
    ITTOフェローシッププログラム – さらに改善できるのか?
     
完全版

熱帯林ニュースレター(TFU)は英語、フランス語、スペイン語で入手可能です。フランス語とスペイン語版は通常、英語版のおよそ一ヶ月後に掲載されます。

ダウンロード
アプリでもご覧頂けます 'Get 'Get
最新版

30 No. 1

生物多様性への険しい道のり

生物多様性が深刻な脅威に晒されています。生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(Intergo...

29 No. 4

プラス面に目を向けて

2020年は少し悔いが残る形で終わろうとしています。私たちの多くにとって今年は異例とも言える困難な一年でした。熱帯林セ...

29 No. 3

負債から財産へ

近年、森林景観再生(forest landscape restoration:FLR)への関心が非常に高まっています。この理由と...

29 No. 2

住民と政府が力を合わせる時

30年以上に渡り、ITTOは住民、政府、民間企業の協働を実現させてきました。その方法は様々ですが、1,000件を超えるプロジ...

詳細

当サイトに掲載されたコンテンツはITTOやそのメンバーの見識や方針を反映したものとは限りません。ITTOは別に明示されている場合を除き、写真の著作権を有します。記事はITTO熱帯林ニュースレター(TFU)の著作権が明示され、編集者に事前に連絡があった場合に限り、無償で利用できます。(tfu@itto.int).