持続可能な開発目標

Main SDG introduction

2015年9月、国連サミットで各国の首脳は「持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030 Agenda for Sustainable Development)」及びそこに掲げられた17の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を採択しました。SDGsは全ての国に対して繁栄を促進しつつ地球を守る行動を起こすよう求めるもので、貧困削減と、経済成長を遂げ、社会のニーズに答え、気候変動に対処し、環境の持続可能性を達成する戦略とが相伴わなければならないと認識しています。

生産性のある熱帯地域の森林の持続可能な経営と持続可能な熱帯木材の貿易が将来の木材需要を充足しSDGsの達成にも資することが次第に明らかになっています。ITTOは、合法かつ持続可能な森林で収穫された熱帯木材の国際貿易の一層の拡大に寄与します。SDGsの全目標、特に目標1(貧困をなくそう)、目標12(つくる責任 つかう責任)、目標13(気候変動に具体的な対策を)及び目標15(陸の豊かさも守ろう)に向けた各国の取組を支援するのにふさわしいと言えます。ITTOは次のような取組を行っています:

次のSDGsからご希望の目標(複数可)を選択するとSDGs達成に向けたITTOの貢献をご覧になれます:


 
下へスクロールして検索結果をご覧下さい
写真撮影:R. Carrillo/ITTO
ITTOは次のような活動を通じて持続可能な熱帯林を促進しています:
  • フィールドプロジェクトの実施を通じた熱帯諸国での持続可能な森林経営能力の構築
  • 熱帯林資源の保全と持続可能な経営、利用、貿易に関する政策対話フォーラムの開催
  • 各国で活用を目的に、持続可能な森林経営、森林保全、劣化した熱帯林の再生に関する政策ガイドラインの作成
  • 森林経営の改善、生物多様性の保全及び地元の人々の暮らしの向上を目指し、政府、森林に関する協調パートナーシップ(Collaborative Partnership on Forests:CPF)(リンク先は英語)、市民社会及び民間セクターとの連携
  • ITTOフェローシップ・プログラムを通じた熱帯林業分野の専門性の強化。本プログラムでは1,400名の若手の林業専門家が技能を向上させた
  • 生物多様性条約(Convention on Biological Diversity:CBD)及び絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)(Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora:CITES)との共同実施プロジェクトを通じた生産性のある森林における生物多様性保全

選択した持続可能な開発目標(SDGs)に関連するITTOの貢献
(36 件見つかりました)

Thumbnail

国際青少年デーへの祝福と熱帯林の未来のための活動

質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
今年の国際青少年デーのテーマは「世代間の連帯:すべての世代のための世界をつくろう」であり、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するために、すべての世代の潜在的な力を活用することの重要性を強調しています。ITTOはフェローシップ・プログラムなど、さまざまな方法で若者たちに投資しています。 詳細
Thumbnail

世界の先住民の国際デーを祝して―熱帯林の管理者たち

貧困をなくそう ジェンダー平等を実現しよう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
ITTOは森林の土地と資源に関する地域コミュニティと先住民族の所有権、支配権、慣習上の権利と役割を完全に認め、支援することを改めて表明します。 詳細
Thumbnail

コンゴ盆地における合法的かつ持続可能な木材サプライチェーンに関する新たなトレーニングモジュール

質の高い教育をみんなに つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
ITTOはコンゴ盆地における合法的で持続可能な熱帯木材のサプライチェーンに関する4つのトレーニングモジュールを公開しました。サブリージョンで生産される熱帯木材への市場アクセスを拡大し、森林セクターによる持続可能な開発、気候変動緩和、その他の地域目標への貢献度を高めることを目標にしています。 詳細
Thumbnail

危機に対し、自然に基づく重要なソリューションをもたらす持続可能な林業

貧困をなくそう 飢餓をゼロに 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(2022 High-level Political Forum on Sustainable Development)のサイドイベントが今月開催され、登壇者らは、最近の武力紛争によって悪化した気候、生物多様性の損失、汚染に関する3つの世界的な危機に対して、持続可能な森林が費用効果の高いソリューションを提供できることを明らかにしました。 詳細
Thumbnail

インドネシア、ITTOの開発支援による新しい森林火災対策アプリを公開

気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
インドネシアで、消防団による森林火災の予防と消火をサポートするためにITTOの支援で開発された新しいアプリが発表されました。インドネシアには、森林火災が人々の安全やインフラ、そして生態系に対する大きな脅威となっている地域が多くあります。本アプリは、消防団がリアルタイムな情報を入手しやすくすることで、火災の消火を助けるものです。 詳細
Thumbnail

国際熱帯デーを記念して―熱帯林の重要性

貧困をなくそう 質の高い教育をみんなに 働きがいも経済成長も つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
熱帯地域には、最も大きく複雑な生物学的・文化的多様性を持ち、巨大な炭素貯蔵庫として機能する素晴らしい森林があります。国際熱帯デーを記念して、アマゾン、コンゴ盆地、東南アジアの3つの重要かつ広大な熱帯林の生態系に関するITTOの活動の一部を紹介します。 詳細
Thumbnail

ITTOとCITES、沈香の報告書について議論するワークショップを開催

つくる責任つかう責任 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
ITTOとワシントン条約(CITES:絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)事務局は今月初め、香木の貿易が沈香種の保全に害を及ぼさないようにするための継続的な努力の一環として、非常に価値の高い香木である沈香に関する報告書のドラフトを検討するワークショップを開催しました。 詳細
Thumbnail

砂漠化と干ばつへの反撃

貧困をなくそう 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
トーゴの女性たち、そしてパプアニューギニアとペルーの地域社会の人々は、ITTOの援助を受けて、劣化した乾燥地の回復と干ばつに強いコミュニティの実現に取り組んでいます。「砂漠化および干ばつと闘う国際デー」の重要なメッセージを広く発信するため、本事業を紹介します。 詳細
Thumbnail

ペルーの民間組織が森林セクター改革を提案

貧困をなくそう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
2022年6月9日、横浜: ペルーの企業、専門家協会、NGO、大学などで構成された民間組織CNF(Cámara Nacional Forestal)は、ITTOの支援を受けて、新たに出版物を作成、発表しました。本冊子は、ペルーの法的枠組みにおける最近の動向を把握するとともに、森林セクターを近代化し、現在および将来の課題に対応する能力を高めるための提案を行うものです。 詳細
Thumbnail

世界環境デーを祝って:地域の人々は再生可能な資源を作り出すことができる

貧困をなくそう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
インドネシア・スラウェシ島の農業従事者は、ITTOのプロジェクトによって、在来種の植樹を通じた持続可能な木材供給の利点についての意識を高めました。このプロジェクトは、人々と環境にポジティブな成果をもたらすことを目的とした、熱帯林の保全と持続可能な利用に関するITTOのアプローチが機能した例の一つであり、世界環境デーを祝福する本日、ここで紹介します。 詳細
Thumbnail

国際生物多様性の日:持続可能な熱帯林業の重要性の認知向上に向けて

つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
生物多様性が脅かされ、100万種もの生物が絶滅の危機に瀕しています。私たちの貴重な生物相を保護するために不可欠な役割を果たす持続可能な森林経営(sustainable forest management: SFM)の強化は、国際生物多様性の日の今日、これまで以上に喫緊の課題になっています。この重要な取り組みに関して、ITTOが熱帯地方で担う役割について、ぜひご一読ください。 詳細
Thumbnail

ITTOと生物多様性条約(CBD)の共同イニシアティブが高い評価を得る

陸の豊かさも守ろう
本日発表の最新ポリシーブリーフでは、2011年開始のITTOと生物多様性条約(CBD)の共同イニシアティブにかかる独立レビューについて報告しています。同レビューでは、予算の制約がある中、本イニシアティブ実施による16のプロジェクトは、生計向上や生物多様性保全において「非常に優れた成果」をあげたと評価しています。両機関は本イニシアティブの新規フェーズを計画中です。 詳細
Thumbnail

ITTO事務局長、木材についての前向きなメッセージ発信を要請

貧困をなくそう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
シャーム・サックル ITTO事務局長は、熱帯地域の森林減少に木材貿易が加担しているという世間一般の誤った認識を解くため、「持続可能な方法による木材収穫では森林は減少しない」というメッセージを国際機関、政府その他の利害関係者が共同で発信するよう提言しました。 詳細
Thumbnail

気候変動緩和には熱帯林における火災管理の改善が不可欠

気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
啓発、早期警戒システム、地域の関係者の関与、これはすべて熱帯林における火災管理と気候変動との闘いに欠かせない要素である – 国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)でITTOが共同開催したイベントでは参加者からこのような意見が出されました。 詳細
Thumbnail

ITTOと国際森林研究機関連合(IUFRO)が森林景観再生の振興を目的に学習モジュールを発表

質の高い教育をみんなに 住み続けられるまちづくりを 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
ITTOと国際森林研究機関連合(International Union of Forest Research Organizations:IUFRO)は、森林景観再生(forest landscape restoration:FLR)に関する理解を一層深めるため、高校生や大学生向け無償学習モジュールを発表しました。 詳細
Thumbnail

トーゴの女性が森林再生活動の先頭に ITTOと創価学会の支援で

貧困をなくそう 飢餓をゼロに ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
創価学会の資金協力でITTOが西アフリカ・トーゴの2県を対象に実施している森林景観再生プロジェクトを通じてアグロフォレストリーの実践方法が改善し、女性の生き方も変わりつつあります(聖教新聞の記事より)。 詳細
Thumbnail

ウェビナー報告:南アメリカでの森林景観再生の普及には一層のアウトリーチが必要

貧困をなくそう すべての人に健康と福祉を 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
ラテンアメリカ・カリブ海地域で景観再生を促進するには、アウトリーチそして収入の多角化とモニタリングに向けた戦略が極めて重要 - ITTOと熱帯農業研究高等教育センター(CATIE)が共同開催したウェビナーではこのような意見が出されました。 詳細
Thumbnail

アフリカ地域の森林専門家、持続可能な森林経営(SFM)に向けたモニタリングの「新たな始まり」を支持

気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
アフリカ地域の森林専門家約30名が参加したワークショップでは、アフリカの熱帯林の持続可能な経営にかかるITTOの新基準及び指標を確認しました。参加者が発表した声明では、アフリカでの持続可能な森林経営(SFM)に向けたモニタリングはここから新たな一歩を踏み出すと述べられています。 詳細
Thumbnail

アジア太平洋地域における効果的な森林景観再生(FLR)の重要点がワークショップで明らかに

貧困をなくそう すべての人に健康と福祉を 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
持続可能な生計を導く機会を創造し、包摂的なアプローチの基に地域住民の賛同を得ることが森林景観再生が成果をあげるために重要 - ITTOとアジア森林協力機構(Asian Forest Cooperation Organization:AFoCo)が共同開催したアジア太平洋地域向けオンラインワークショップではこのような意見が出されました。 詳細
Thumbnail

ウェビナー:中米・メキシコの森林景観再生の鍵は地域住民の暮らし

貧困をなくそう すべての人に健康と福祉を 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさも守ろう
森林景観再生(FLR)は多面的な取組で、それが成果をあげたと言えるのは地域住民の暮らしが向上した時です - ITTOと熱帯農業研究高等教育センター(CATIE)が2021年8月に共同開催した中米・メキシコ向けのウェビナーではこのような意見が述べられました。 詳細