TFU:熱帯林ニュースレター

The prospects for plantation teak

Cover image

Photo: A. Compost

Teak has a centuries-old reputation as the king of timbers. It is highly durable, easily worked, attractive, strong and relatively light. It has been used as both a structural and decorative timber in the temples, palaces and houses of the Indian sub-continent for perhaps 2000 years, where its durability has been proved: though popular with priests, princes, carpenters and the common man, termites and fungi tend to shun it.

As short-rotation teak plantations spring up around the tropics, how will this new kind of teak fare in the timber markets of the future?

完全版

熱帯林ニュースレター(TFU)は英語、フランス語、スペイン語で入手可能です。フランス語とスペイン語版は通常、英語版のおよそ一ヶ月後に掲載されます。

ダウンロード
アプリでもご覧頂けます 'Get 'Get
最新版

28 No.1

男女平等を尊重して

女性は常に伝統的な知識の「管理人」として、また多様な林産物を収集し、そして利用する者として、さらには林業の専門家として、そし...

27 No 4

SFMの架け橋に

越境保全地域(TBCAs)は一か所以上の国境を超えて生態学的につながる地理的地域と定義でき、その管理には様々な協力体系が求め...

27 No 3

森林について記録する

森林は複雑な生態系であり、時間とともに変化します。現代の持続可能な森林経営(SFM)では、この複雑な生態系システムを理...

27 No 2

グリーンサプライチェーンに注目する

「サステイナブル(持続可能な)」そして「グリーン」なサプライチェーン、そしてそれらがどのように生産者と消費者双方に利益をもた...

詳細

当サイトに掲載されたコンテンツはITTOやそのメンバーの見識や方針を反映したものとは限りません。ITTOは別に明示されている場合を除き、写真の著作権を有します。記事はITTO熱帯林ニュースレター(TFU)の著作権が明示され、編集者に事前に連絡があった場合に限り、無償で利用できます。(tfu@itto.int).