TFU:熱帯林ニュースレター

マングローブをマッピングする

マングローブとは陸と海の間に広がる過酷な境界線上で生息するために、その環境に順応した、非常に生産的で豊かな生物多様性を有する森林生態系です。木材、薪、屋根ふき材料および様々な製品の元となるリソースを提供するとともに、漁業が行える場所として機能し、津波や高潮、浸食から海岸線を守っています。しかし、マングローブは今、脅威にさらされています。推定3万5600平方キロメートルのマングローブ林が1980年から2005年の間に失われており、2000年から2005年の間では1年間に0.66%の割合で消失しています。
 
View editorial

コンテンツ

完全版

熱帯林ニュースレター(TFU)は英語、フランス語、スペイン語で入手可能です。フランス語とスペイン語版は通常、英語版のおよそ一ヶ月後に掲載されます。

ダウンロード
アプリでもご覧頂けます 'Get 'Get
最新版

32 No. 3/4

熱帯木材サプライチェーンの強化

熱帯林ニュースレター(Tropical Forest Update:TFU)第32巻 No.3&4では、熱帯木材サプ...

32 No. 2

熱帯林:乾ききった地球への救済

世界の気温が上昇し、前例のない熱波や山火事が世界各国を襲う中、ITTOは、気候変動の緩和やその他の世界的な課題への対応...

32 No. 1

多くの課題、一つの解決策:熱帯林

熱帯林ニュースレター(Tropical Forest Update:TFU)第32巻 No.1では、ITTOが2022年の主...

31 No. 3

持続可能な熱帯林業:健康的な地球への道筋

本号には、11月に開催された第58回国際熱帯木材理事会についての報告が掲載されています。また、EUが新たに提案した森林破壊に...

詳細

当サイトに掲載されたコンテンツはITTOやそのメンバーの見識や方針を反映したものとは限りません。ITTOは別に明示されている場合を除き、写真の著作権を有します。記事はITTO熱帯林ニュースレター(TFU)の著作権が明示され、編集者に事前に連絡があった場合に限り、無償で利用できます。(tfu@itto.int).