TFU:熱帯林ニュースレター

マングローブをマッピングする

マングローブとは陸と海の間に広がる過酷な境界線上で生息するために、その環境に順応した、非常に生産的で豊かな生物多様性を有する森林生態系です。木材、薪、屋根ふき材料および様々な製品の元となるリソースを提供するとともに、漁業が行える場所として機能し、津波や高潮、浸食から海岸線を守っています。しかし、マングローブは今、脅威にさらされています。推定3万5600平方キロメートルのマングローブ林が1980年から2005年の間に失われており、2000年から2005年の間では1年間に0.66%の割合で消失しています。
 
View editorial

コンテンツ

完全版

熱帯林ニュースレター(TFU)は英語、フランス語、スペイン語で入手可能です。フランス語とスペイン語版は通常、英語版のおよそ一ヶ月後に掲載されます。

ダウンロード
アプリでもご覧頂けます 'Get 'Get
最新版

31 No. 1

ITTOの新たな5年間

持続可能な熱帯林の利用は、熱帯木材の生産や貿易などを通じて、人々が十分な生活を営むことを可能にする一方で、地球の環境バ...

30巻 3/4号

ITTC、新ITTO事務局長を任命

熱帯林ニュースレター(Tropical Forest Update:TFU)最新号(30巻3号)では、第57回国際熱帯木材理事会...

30 No. 2

カネノナルキを探して

持続可能な林業は、農業と同じ土地で営まれていても、森林所有者や森林経営者が農業同様の対価を期待することはほとんどできま...

30 No. 1

生物多様性への険しい道のり

生物多様性が深刻な脅威に晒されています。生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(Intergo...

詳細

当サイトに掲載されたコンテンツはITTOやそのメンバーの見識や方針を反映したものとは限りません。ITTOは別に明示されている場合を除き、写真の著作権を有します。記事はITTO熱帯林ニュースレター(TFU)の著作権が明示され、編集者に事前に連絡があった場合に限り、無償で利用できます。(tfu@itto.int).