申請書類を作成する前に、以下の注意事項をよくお読みください。

  1. インターネットのオンライン申請で応募してください。www.itto.int/itto_fellowship_top/
  2. 申請書類は所定の締め切り日までに送付されたもののみ受け付けます。
  3. 申請者はPDFファイルで下記の申請書類を送ってください。
    1. スキャナーでコピーした推薦者の署名入り推薦書2通(推薦書の書式はオンライン申請のサイトで入手可能)
    2. 受け入れ機関からの正式承諾書
    3. 申請者は以下の証拠書類も提出してください。
      1. 短期研修コースおよび研修インターンシップの場合:コースの概要と費用が記載された書類
      2. 会議参加の場合:会議の概要と参加費が記載された書類と、会議で論文を発表する場合は論文の抄録もしくは論文
      3. 視察および講義/デモンストレーションツアーの場合:訪問の詳細計画と主要経費見積書
      4. 技術文書作成、出版、普及の場合:技術文書の概要あるいは草稿及び出版にかかわる費用と他の主要経費の見積書
      5. 大学院研究の場合:研究提案書およびプログラムの概要、学費、その他の主要な費用が記載された書類
      6. 空路での移動の場合:見積り請求書など航空券代が記載された書類
      7. ビザ申請費及び空港税の場合:ビザ申請費及び空港税の金額が記載された書類
      8. 陸路での移動の場合:レンタカー料金、都市間の移動距離、電車やバスの料金などが記載された書類
      9. フェローシップ活動で使用される言語が母語でない場合:その言語の能力を示す証明書
  4. 申請書の内容に不備あるいは虚偽がある場合は審査の対象になりません。
  5. 締め切り日後に受領された申請書類は次回の審査にはまわされません。次のサイクルでの審査を希望する場合には、新たに申請書類を提出する必要があります。
  6. オンライン申請のサイトに掲載されている予算ガイドラインを遵守してください。
  7. フェローシップの活動を実施するために10,000米ドル以上を必要とする場合、申請書の予算部分に、他の資金源及びその資金源から確保できている金額あるいは現在申請中の金額を記載する必要があります。さらに、その資金源から資金提供を受ける証拠を提出する必要があり、そのような証拠を備えていない申請書類は審査の対象になりません。個人あるいは家族の資金源から資金を調達する場合は納得できる証拠を提出する必要があります。10,000米ドル以上を要求する活動はフェローシップ選考委員会の厳しい審査を受けることを念頭に置いてください。
  8. 審査を通過した場合のみ申請者に結果が通知されます。合格者リストはITTOウエブサイト上にて発表されます。
  9. オンライン申請のサイトにアクセスできない場合は、下記のメールアドレスにフェローシッププログラム宛にご連絡ください。