TFU:熱帯林ニュースレター

グリーンサプライチェーンに注目する

「サステイナブル(持続可能な)」そして「グリーン」なサプライチェーン、そしてそれらがどのように生産者と消費者双方に利益をもたらしながらも森林を保護できるのかについて、最近多くの議論が交わされています。熱帯林ニュースレター(TFU)最新号では、ゲアハート・ディタレITTO事務局長が熱帯木材のグリーンサプライチェーンが「熱帯林の所有者から最終製品の消費者に至る全てのステークホルダーに利益をもたらし、そして地球環境にも良い影響を及ぼす」と述べています(3ページ)。企業側は善良な市民としての責任からこのグリーンサプライチェーンを押し進めようと考えているかもしれません。しかしながら、中国で最近開催されたワークショップ(ディタレ事務局長が記事を執筆)によると、企業はそれだけでなくコスト削減と効率性を向上させる手段として、このサプライチェーンを捉えています。
完全版

熱帯林ニュースレター(TFU)は英語、フランス語、スペイン語で入手可能です。フランス語とスペイン語版は通常、英語版のおよそ一ヶ月後に掲載されます。

ダウンロード
アプリでもご覧頂けます 'Get 'Get
最新版

27 No 3

森林について記録する

森林は複雑な生態系であり、時間とともに変化します。現代の持続可能な森林経営(SFM)では、この複雑な生態系システムを理...

27 No 1

持続可能な林業に向けた対策を講じて

持続可能な林業は、家庭から地球規模に至るまであらゆる規模で関わりがあります。ある種の再生不能な資源については、この先数十年で...

26 No 4

木材について知る

森林の持続的な保全と利用—つまり持続可能な森林経営では森林資源とガバナンスについて詳しい知識を得ることが求...

詳細

当サイトに掲載されたコンテンツはITTOやそのメンバーの見識や方針を反映したものとは限りません。ITTOは別に明示されている場合を除き、写真の著作権を有します。記事はITTO熱帯林ニュースレター(TFU)の著作権が明示され、編集者に事前に連絡があった場合に限り、無償で利用できます。(tfu@itto.int).