2019年ITTO年次市場ディスカッション:アフリカにおける付加価値増加に向けた加工 ― 機会と課題

2019年ITTO年次市場ディスカッション:アフリカにおける付加価値増加に向けた加工 ― 機会と課題

日付・会場: 2019年12月3日、ロメ(トーゴ)、第55回国際熱帯木材理事会(ITTC-55)本会議ホール(Plenary Hall)

2018年のアフリカ大陸自由貿易圏(African Continental Free Trade Area:AfCFTA)の設立により、アフリカに物品とサービスの単一市場が生まれました。これは産業化の拡大につながる可能性を有しています。木材産業はこの市場機会の拡大を活かすことができるでしょうか?
 
多くの国では、雇用を生み社会的な包摂性を高める最善の方法であるとの認識の下、税制優遇措置の承認、現金による補助金、産業融資といった様々な政策や奨励策を通じて中小製造業者を支援してきました。全体的には前進が見られているものの、木材セクターはこの限りではありません。これはなぜでしょうか?
 
今次ITTO年次市場ディスカッションではこの2つの疑問について議論します。アフリカにおける生産活動の変容する力学、森林製品の需要、木材加工セクター発展を促すために必要とされるものは何かを検証する予定です。
 
今次ITTO年次市場ディスカッションは第55回国際熱帯木材理事会(ITTC-55)会期中に制定される「貿易と市場の日(Trade and Markets Day)」に開催される予定です。
 
トーゴの林業と木材加工業:課題と機会(Foresterie et transformation du bois au Togo: defis et opportunites (Forestry and wood processing in Togo: challenges and opportunities) 
ピョアバロ・アラバ
水資源・森林技術者、森林開発・利用室(Office of Forest Development and Exploitation:ODEF)事務局長
 
アフリカ大陸内の貿易市場の力学とこれが持続可能な開発に意味するものm(The Dynamics of Intra-Africa wood trade markets and implications for Sustainable development
ラボーデ・ポポーラ
西アフリカ研究と改革管理連合(West African Research and Innovation Management Association)会長、ナイジェリア・イバダン大学持続可能な開発センター(Centre for Sustainable Development, University of Ibadan)創設所長
 
南アフリカの木材加工業 ― 成功事例と抑制要素(Wood Processing in South Africa—Successes and setbacks
ロイ・サウジー
Sawmilling South Africa 事務局長
 
アフリカの産業林業プランテーションと木材産業振興にとってのその重要性 ― ガーナの事例(Industrial forestry plantations in Africa and their importance for developing timber industries—the case of Form Ghana
リック・スールズ
Form International社代表取締役
 
ガーナの製造業者が抱える課題―ガーナ工業組合(AGI)の支援(Challenges for Ghanaian manufacturers—the support provided by the Association of Ghana Industries (AGI)
セス・トゥワムーアクワボア
最高経営責任者 ガーナ工業組合(Association of Ghana Industries:AGI)
 
産業化の夢―いかにしてアフリカは先延ばしにしてきた野心を達成できるか(Dreams to Industrialise—How can Africa achieve its long- postponed ambitions)?
マファ・チペタ
元FAO東アフリカ準地域コーディネーター、アフリカ連合(African Union)、国連アフリカ経済委員会(UN Economic Commission for Africa:UNECA)およびエチオピアに対するFAO代表
 
貿易諮問グループ(Trade Advisory Group:TAG)による貿易に関するステートメント(Trade Statement)の発表