責任ある生産と消費のための熱帯木材製品の合法的かつ持続可能なサプライチェーンの主流化
国連森林フォーラム第19回会合(UNFF19)サイドイベント

責任ある生産と消費のための熱帯木材製品の合法的かつ持続可能なサプライチェーンの主流化

日付・会場: 2024年5月7日、米国ニューヨーク州ニューヨーク、国連本部、会議室4

このサイドイベントの目的は、持続可能な生産、消費、取引のために、熱帯木材製品の合法的かつ持続可能なサプライチェーンの主流化に貢献することです。具体的には、以下のとおり:

  • 認証スキーム、トレーサビリティ、普遍的な合法性保証システムをはじめとする、合法的で持続可能な熱帯木材製品のサプライチェーンの課題と機会について議論を行う。
  • より良い木材認証を可能にするイノベーションをはじめとする、合法的かつ持続可能なサプライチェーンの実施についての途上国の経験とベストプラクティスについて共有する。

本サイドイベントでは、熱帯諸国の持続可能な発展のために、合法的で持続可能な木材製品サプライチェーンの重要性に対する認識と理解を高めることが期待されています。イベントでは、また、持続可能な森林経営と責任ある林産物の調達、消費、生産を支援するため、関係者間のパートナーシップと協力関係を促進します。

ITTOとインド環境・森林・気候変動省が、本イベントを主催します。

イベントの報告記事はこちら

連絡先

rfm@itto.int