FLEGT独立市場監視 (IMM)

はじめに

IMMはEUと木材供給国の間で結ばれている2カ国間パートナシップ協定(VPA)の実施を推進するために、ITTOが実施し欧州連合(EU)が資金提供をしている複数年にわたるプロジェクトです。VPAはEUの森林法施行・ガバナンス・貿易(FLEGT)行動計画の重要な要素で、合法的な伐採及び合法的に認可された木材の貿易を推進するためのEUの方針を規定しています。VPAは合意されると、EUに輸出される木材及び木材生産物を認可する合法性保証システム(LAS)を作成するための両者の誓約と行動が盛り込まれます。IMMはVPAパートナー国からの独立木材市場監視の要請に応じ、協定に盛り込まれているインパクト評価の義務を果たします。


全体目標

FLEGT認証木材のためのEU及びさらに広範囲な国際市場がVPAの期限の中でどのように発展するかを監視し、LAS構築の機会を活かして木材貿易統計の質を高め、合法的に認可されたFLEGT木材のための木材市場発展プログラムの効果を上げること。


具体的な目標

- EU市場におけるFLEGTに認可された木材の受け入れ状態と動向に関しての情報の収集、分析、報告及び普及。

-木材価格、貿易、市場動向への世界的なVPAの影響、特にVPAパートナー国への影響に関しての知識と理解の向上。

-VPA国及びECがFLEGT木材貿易に関する信頼性のある統計及び情報を確実に提供すること。

-市場への影響に関するタイムリーで、独立した、正確な情報を提供することによって、ガーナのVPA共同監視及び検討制度(JMRM)及び他のVPA国の共同実施委員会(JICs)による要請に応じ、決定事項を報告すること。

-FLEGT行動計画の影響を監視し、その実施状況を報告すること。

-EU及びVPAパートナー国と協議しながら、IMMを持続させるための長期的な戦略を立てること。

 

組織

IMMの活動は、ITTO及びECの代表によって構成されているプロジェクト運営委員会 (PSC)が監視します。IMMはVPAの影響の監視と報告義務に不可欠な、ガーナのJMRM及び他のVPA 国のJICsと密接な協働関係を築いています。ヨーロッパにベースを置き、ITTOが監督するコンサルタントがワークプランを作成し、データの収集及び分析の調整を行います。
ITTOはIMMの目的に合わせて、日本で行っている統計及びデータ収集能力を拡大しています。
熱帯木材貿易国におけるITTOネットワークをもとに、IMMはVPAパートナー各国及びVPA認可木材の主要なEU市場に通信員を置いています。通信員は定期的にデータ収集や市場状態及び製品価格の評価を行います。
IMMは市場の監視活動を積極的に行っている公共部門、民間部門の両方から、持続可能な木材情報交換(STIX)というシステム構築の可能性を検討しています。STIXでは、調査の重複を避け、IMMの方法を調和し、情報格差を特定し、そしてこれらの問題を克服するために、主に技術的な問題と情報交換に焦点を当てます。

 

方法

IMMは各国の状況や必要性も考慮しながら、同一の市場監視書式をすべてのVPAパートナー国にできる限り適用します。市場分析の一貫性、客観性、及び透明性を確保するために、その手続きを文書化しています。また、市場への影響に関する質的な評価ができるように、指標の枠組みも製作されました。その中にはすべてのFLEGT VPA木材の市場環境を監視するための「グローバルな」指標も含まれます。例えば、EU木材規制 (EUTR)の実施による市場への影響や公的機関の調達方針の範囲や内容などです。さらに、その他の指標、例えば特定の指標の製品に関する国内貿易の流量と価格及び価格プレミアムによって、VPA各国からVPA認可された木材の市場の変化が監視されます。
 

ダウンロード

IMMベースラインレポート-変化するヨーロッパの熱帯木材貿易
このレポートでは、FLEGT認証が市場に及ぼす影響について長期的に監視するための基準(ベースライン)を設定しており、2013年のEUにおけるVPAパートナー国から輸入される木材の市場での位置付けについて説明しています。さらに、レポートではVPA各国のEU木材市場(丸太、製材、デッキ材、モールディング、ベニヤ、合板、建具製品、家具、パルプおよび紙)の関連部門におけるシェアについても数量化しています。VPA各国からの熱帯木材の可用性とEUにおけるこれらの製品需要に影響を与える幅広い要因について重点を置き、その要因について明らかにしています。
 

• 主要報告(TS45、英語)
• 木材市場に与える影響要因に関するレビュー(英語)
• VPAパートナー国統計付属書(英語)
主要報告書の要約パンフレット(英語)

IMMの背景、目的、方法、及び期待される成果が説明されています。
 
ITTO プロジェクトの説明(英語)
この文書は2013年12月に発行された「独立木材市場監視:VPA (2カ国間パートナシップ協定)の枠組みによるEU市場へのFLEGT(森林法施行・ガバナンス・貿易)認可を受けた木材の受け入れに関する分析(DCI-ENV/2013/ 316-244)」のITTOプロジェクト提案書です。

 
IMM 組織及び方法 (バージョン 1.1)
この文書はIMM が明文化された方法及び手続きに従って運営されなければならないというFLEGT
VPAの必須条件に応じて作成されたものです。これは、「生きた」文書で利害関係者の経験や継続的な意見に基づいて定期的に見直されます。
• 主要な書類(英語)
付属書類1: IMM指標(英語)
付属書類2: IMMデータ情報源(英語)


第51回国際熱帯木材理事会(ITC-51)でのサイドイベント報告

IMMは2015年11月18日に第51回国際熱帯木材理事会(ITTC-51)の会期中にサイドイベントを実施しました。同イベントでは熱帯諸国の木材製品の市場開発にとって最も重要な既存の障害を克服するために、FLEGT VPAプロセスの持つ可能性について取り上げました。また、IMMプロジェクトは木材市場の発展とFLEGT認証を受けた木材の促進ができるようになれば、そのためのリソースをより的確にターゲットにできる市場情報を生み出すとの考えを示しました。
IMMインセプションレポート(英語)
このレポートでは、現行の市場監視のための枠組みを確立しベースラインデータの収集と分析を行うために、2014年3月から2015年2月までのIMM開始フェーズ期間中の進捗状況を説明したものです。また、2015年の行動に向けたニーズを識別し優先順位をまとめています。



VPAパートナー国からのEUの輸入 (バージョン 1.1)(英語)
このデータファイル(MS Excel形式)にはVPAパートナー国及び木材供給国上位10位の木材及び木材製品のEUの輸入に関する予備データが含まれています。データは木材製品(チャプター44)、木質系パルプ(チャプター47)、紙(チャプター48)及び家具(チャプター94)を含むEUの合同関税品目分類表コードに従って分けられています。


IMM EU木材輸入データベース(2004年~2014年)
IMMは透明性確保と他の機関によるEUの貿易動向の分析を促進することを目的とし、EU木材輸入データベース(MS Access形式)の利用を可能にしています。そして、IMMベースラインレポートや他のIMMの成果を挙げるために基礎データを提供しています。データ はユーロスタットのCOMEXT一括ダウンロード機能からまとめられており、IMMの主席コンサルタントが開発した手順を使用して「整理」されています。このデータベースの利用にあたっては、MS Accessまたは類似のデータベースソフトウェアに関する知識が必要になります。ユーザーはこのデータベースの利用前にガイダンスノートをご一読くだ さい。  
EUTRが貿易へ及ぼす影響についてのIMM予備評価(英語)
この報告書はIMMからEUTR2カ年レビューへの情報提供を目的として作成されたものであり、EU木材規制(EUTR)が貿易へ及ぼす影響を評価するための予備的試みとして、公的に利用可能な木材生産と貿易統計を駆使してまとめたものです。予備的評価ではEUTR実施後のEU貿易について明確な変革が示 されていないと結論付けており、その理由について考察しています。同書はまた、規制の影響を評価する方法として貿易動向分析を用いるには限界があると強調 しています。
 
プレゼンテーション