第4回世界チーク会議2020
世界のチーク市場:振興市場と発展途上経済に与えられた課題と機会

第4回世界チーク会議2020

日付・会場: 2020年8月24日~27日、アクラ(ガーナ)

第4回世界チーク会議では世界のチークセクターが直面している次のような最重要課題を取り上げます:
 
  • 高品質のチーク材を市場に供給するための小規模チーク栽培体制の持続可能な経営
  • 高品質のチーク材を産出するための林分経営の向上に向けた既存の林業体制・方法の改善
  • チーク材貿易にとっての市場構造およびバリューチェーンとそのチーク投資の収益性への影響
  • チークセクターへの民間・公共投資とそれが社会経済的な状況や農村地域の生計に与える影響の評価

本会議ではチークセクターの持続可能な発展を後押しするための戦略上、概念上、運用上の提言が行われる予定です。

本会議は国連食糧農業機関(FAO)、ITTO、国際森林研究機関連合(IUFRO)チーク材に関する作業部会(Teakwood Working Party(Div.5.06.02))との協力の下、ガーナ森林委員会(Forestry Commission:FC)と国際チーク情報ネットワーク(International Teak Information Network:TEAKNET)によって共同開催されます。

連絡先

テトラ・ヤヌアリアディ(Dr. Tetra Yanuariadi)
ITTO森林産業部プロジェクトマネージャー
電子メール:tetra@itto.int

第4回世界チーク会議2020ウェブサイト(英語):www.worldteakconference2020.com
電子メール:infowtc2020@gmail.com