プロジェクトレポート

ITTOの資金援助によるプロジェクトや活動の成果を下記の報告書でご覧いただけます。

森林・木材市場統計システムの設立 (エクアドル)

Establishmentofanationalforestandtimbermarketingstatisticssystem_Ecuador_COVER.jpg

 

エクアドル政府は2000年から、市民社会の参加を巻き込む“グリーン・サーベイランス“と呼ばれる新しい森林管理のプロセスを開始しました。本書では2007年から2009年における森林管理と監督(サーベイランス)プロセスについて体系化し、以下について記述しています。

  • 木材と木材製品の移動
  • 最も移動した木材種
  • 森林製品の没収
  • 森林管理と認証活動
  • 森林規制システム強化に向けた実施中の活動

スペイン語のみ
 
出版 :  2011年
ID ナンバー :  PD 406/06 Rev.1 (M)

エクアドルにおける森林収穫 2010 - 違反と罰金

Aprovechamiento%20de%20Recursos%20Forestales%20en%20el%20Ecuador%20(per%C3%ADodo%202010)%20y%20Procesos%20de%20infracciones%20y%20decomisos_cvr.jpg

 

本報告書はプロジェクト PD 406/06 Rev.1 (M)  Establishment of a National Forest and Timber Marketing Statistics System を通して、ITTOの資金提供によって発行されました。2010年のエクアドルの森林収穫に関するデータを記述的に報告しており、木材と製品別木材、非木材森林製品(NTFPs)を含めた下記内容について取り上げています。
  • - 森林収穫の傾向
  • - 森林の形態(自然再生、植林、自然林、アグロフォレストリーシステム)別による収穫
  • - 管理計画別収穫
  • - 収穫した木材種
  • - 非木材森林製品と製品別木材の抽出
  • - 違反と罰金

スペイン語のみ

出版 :  2011年8月
ID ナンバー:  PD 406/06 Rev.1 (M)

エクアドルにおける木材生産工程

Cover_DescriptionofthetimberproductivechaininEcuador_Spanish.jpg

 

森林収穫と木材加工業はエクアドルの森林地域で生活する何千人という人々や、中小企業で木材一次加工業に従事する人々にとって貴重な雇用創出源になっています。

例えば、北部沿岸地域では天然林から収穫された木材は主に合板やベニヤ板に加工されます。中南部地域ではパネル加工のためにバルサ材(Ochorma pyramidale)が利用され、他にはチーク材(Tectona grandis)やメリナ(Gmelina arborea)、パカチョ(Schizolobium parahybum)のような貴重な硬材も収穫されます。高地では収穫される木材の95パーセントがユーカリやマツの植林地から得るもので、ボードやパレット、チップの生産に利用されます。アマゾン地域では天然林とアグロフォレストリーから収穫される木材が主に家具産業で使用され、中央流域では二次林から得られるpigüe材(Pollalesta karstenni)が製材やパレットに使用されます。

生産工程で見つかる木材の欠陥について理解を深めることが、森林統計システムを設立するにあたり考慮すべき重要な点となります。この森林統計システムの設立はITTOが支援するプログラム:PD 406/06 Rev.1 (M)(本書に記述)で実施されます。


スペイン語のみ
 
出版 :  2011年
ID ナンバー :   PD 406/06 Rev.1 (M)

エクアドルでの森林ガバナンス 2011

Gobernanza%20Forestal%20en%20el%20Ecuador%202011.jpg

 

本報告書はプロジェクト PD 406/06 Rev.1 (M)  Establishment of a National Forest and Timber Marketing Statistics System を通して、ITTOの資金提供によって発行されました。本書では、エクアドルという国の社会経済的な現実に即した森林ガバナンスモデルと森林土地所有者、森林コミュニティー、貿易業者、市民社会、民間企業、中央・地方政府関係者など様々なステークホルダーとの関わり合いや、実際の取り組みについて取り上げています。
 
このエクアドルモデルでは、森林ガバナンスにとって重要な要素を下記の通り5つ挙げており、法律の枠組みにも組み入れています。


  • - 森林管理と規制に関しての効率性
  • - 持続可能な森林経営にとってのインセンティブの強化
  • - タイムリーな意思決定のための情報
  • - 劣化地域と保護地域における再植林の促進
  • - リサーチとトレーニング

スペイン語のみ
 
    出版: 2011年
ID ナンバー: PD 406/06 Rev.1 (M)

ガイアナ産の15の低利用木材種の摩滅とLimnoria quadripunctata Holthuis(海洋木材穿孔虫)による攻撃についての耐性評価 

PD344/05Rev.2の成果としてまとめた本書では、ガイアナにおける15種の低利用木材種(LUS)が摩滅とLimnoria quadripunctata (海洋木材穿​孔​虫)の浸食について、耐性があるかどうかを調べた二つの臨床試験結果を報告しています。

出版 :  2008年
ID ナンバー :  PD344/05 Rev. 2

ガイアナの低利用木材種

LUS_timber_booklet_Frontcover.jpg

 

ガイアナの森林セクターは同国の経済成長の中でも最も繁栄している分野の1つです。しかし、伝統的な商業用樹種にばかり頼りすぎていると現在の供給量を使い果たしてしまうことになるでしょう。プロジェクトPD344/05の成果として作成したこの冊子では、ガイアナにおける主要な収穫種に劣らず重要であり有用な低利用木材種を紹介しています。

出版 :  2008年
ID ナンバー :  PD 344/05 Rev. 2

フィリピンでのラタンに関するフィールドガイド

AFieldGuidetoPhilippineRattans_cover120px.jpg

 

本書はフィリピンにおける多種類のラタンを識別できる図解ガイドであり、フィリピン国内でラタン経営を改良するためのサポートとなることを目的としてまとめられました。 

出版 :  2010年
ID ナンバー :  PD 334/05 Rev. 2

[en] PDF

PD 334/05: ‘Demonstration and Application of Production and Utilization Technologies for Rattan Sustainable Development in the ASEAN Member Countrie’に関するラタン技術ガイド

ITTOの資金提供によるプロジェクト:PD 334/05 Rev. 2(I) Demonstration and Application of Production and Utilization Technologies for Rattan Sustainable Development in the ASEAN Member Countries’では、ラタン産業の発展を通して地域コミュニティーの貧困をなくすためにASEANの共同事業を強化することを目指しました。

そこで5つの研修モジュールと技術ガイドを準備し、プロジェクトの研修中に配布しました。

ラタン生育と植林見込み生産
ラタン植林の設立と管理
昆虫や菌類の駆除方法
ラタンのキルン乾燥
ラタンの漂白と仕上げ

上記のガイドは専門家によってまとめらました。高地にある村のラタン生産業者が理解できる言語で書かれていますが、一般向けにも対応しています。

          出版: 2011年5月
ID ナンバー: PD 334/05 Rev. 2(I)

アセアンにおけるラタン

TheASEANRattans_cover120px.jpg

 

本書はITTO2003年から2004年に実施したラタンプロジェクトと、2006年から2010年まで行われたITTO-フィリピン-アセアン ラタンプロジェクトからの写真記録から構成されており、非木材森林製品とラタン資源に関して、その分類額と分布、生態学と利用について紹介しています。 

         出版 :  2010年
ID ナンバー :   PD 334/05 Rev. 2

[en] PDF

先住民コミュニティーの女性による参加型熱帯林開発


出版 :  2006年10月23日

中国のラタン植林に関する利用技術マニュアル

 

国際熱帯木材機関(ITTO)が中国国家林業局(SFA)、広州市森林管理局と発行した本書は中国におけるラタン植林の管理と利用技術について取り上げています。

          出版:  2010年
ID ナンバー:  PD 100/01 Rev.3 (I)

商業用熱帯木材の生息場所内外における保全

PD16-96-cover.jpg

 

この巻は、2001年6月11日から13日にかけて、インドネシア、ジョクジャカルタのGadjah Mada大学(GMU)構内で開催された、商業用熱帯木材の生息場所内外における保全に関する国際会議の議事録を記載しています。この会議はITTOプロジェクトPD 16/96 Rev.4 (F)の活動として計画、実施されたものです。

出版 :  2001年
IDナンバー :  PD 16/96 Rev.4 (F)
ISBN :  979-96652-0-5

アフリカの熱帯木材加工の促進を目指して

african-report-cover.jpg

 

全ITTO生産加盟国の追加加工木材の輸出金額は1998年におよそ35億米ドルで、そのうちアフリカからの輸出はわずか1%しかありませんでした。アフリカ木材機関の閣僚級会議から出されたこのアクション提案は、追加加工木材製品におけるアフリカ諸国のマーケットシェア拡大のための戦略を示しています。

出版 :  2004年
IDナンバー :  PD 15/98 Rev. 2