生態系サービス

S0061.jpg

熱帯林は清浄な水の供給を含む数多くの生態系サービス
を提供しています。写真:ITTO

天然林によって遂行されている生態系サービスの範囲を完全に理解している人はほとんどありません。天然林は下流に住むコミュニティーに清浄な飲料水を提供し、土壌を保護し、多数の動植物に生息環境を提供し、膨大な量の炭素を蓄積しています。

しかし生態系サービスの多くは「無料」でなされているので、森林が相応に評価されることはまれです。むしろ、農業、牧場、都市開発など、一見したところより利益が上がるように思える土地利用に道を譲るために、伐採されることがしばしばです。これは英国、米国、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパの多数の国々などの非熱帯諸国で過去数世紀にわたって行われてきたことですが、現在は熱帯諸国で起こっています。

何百万ヘクタールもの温帯林に降りかかったのと同じ運命を、残っている熱帯林が辿るのを回避するには、どうすればよいでしょうか?多くの人々は、熱帯林から生成される収益を増やすことがその鍵であり、そのための1つの方法は、森林が提供している生態系サービスの料金を取ることであると主張しています。

ITTOは、熱帯天然林によって遂行されているサービスの潜在市場について調査しています。その主題に関する背景報告書[全英文]の作成を依頼し、サービスの支払いについての選択肢を調査するプロジェクトに資金を拠出しています。しかし変化は容易には起こりません。これまで無料でサービスを享受してきた人々は多くの場合、代価を払うことに乗り気ではありません。生物多様性保全や炭素蓄積などのサービスの代金を要求し始めた熱帯林所有者もありますが、これまでのところ国際社会からのそのような支払いは僅かしかなされていません。

ITTOの行動予定については、ITTO Action Plan 2008-2011を参照するか、またはリソースと プロジェクト・ポートフォリオをクリックし、生態系サービスに関するITTO活動の詳細をご覧ください。